QRCode
携帯から見る

ビーラブ西宮スタッフブログ

ビーラブニシノミヤスタッフブログ

ビーラブ西宮スタッフブログ

西宮在住歴トータル30年を越えた、身も心も西宮Lover さくらです。結婚3年目に、主人の仕事の都合で、ドイツへ引っ越し。2014年、再び西宮に戻って来ました。現在 4人の子育てに奮闘中。故郷で育児ができる幸せをかみしめながら、家族へのツッコミや、ビーラブ西宮スタッフとして、西宮のイベント&イケてるお店紹介を綴ります。

ビーラブ西宮スタッフブログ

前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 …… | 55 | 次のページ

投稿日時: 2017-08-30 14:11:47 記事カテゴリー │ニュース

大阪で探す東京土産

27241_s.jpg

久しぶりに梅田に行く時。主人に「東京出張の時、親戚に会うから、なんかお土産を買っておいて」と言われ、迷いました。

百貨店のデパ地下に行って、色々調べましたが、だいたい新宿店とかあるんですよねー。それじゃあ、なんか悔しい。

最終的に買ったのは、阪急うめだ本店の「バトンドール」。いわゆる高級ポッキー&プリッツです。ベタといえばベタなんですが、うめだ阪急のスイーツNo.1の売上というインパクトはあるかと。2個から箱に入れてくれて、ひとつ税込500円という値段も親切です。

...

余談ですが、バトンドールが「黄金の棒」という意味なんだと今回初めて知りました。ブール・クラリフィイエと呼ばれる黄金色の澄ましバターを使っているからだそう。あー、美味しそう。私の分もひと箱買うべきだったかな‥。

実は横にある「グランカルビー(高級 ポテチ)」も、非常に興味があったんですが、こちらは、列が長すぎて諦めました また阪急限定で言えば、タネビッツ(高級 柿の種)も気になります〜。庶民のお菓子を、キンキラにして売り出す。これが関西魂なんでしょうかねぇ。

いやっ、そもそも百貨店のデパ地下で、人混みにもまれながら、「このブランドは、東京に店舗があるのか」なんて、スマホで検索するのは大変です。西宮はスィーツの街。東京土産は、西宮で買おう

余談ですが(今日2回目)、西宮阪急で、東京土産を買う時は「五感」を買っています。五感さん、東京に進出しないで〜。

投稿日時: 2017-08-27 16:40:26 記事カテゴリー │ニュース

芦屋で憧れのモーニング

27237_s.jpg

帰省している姉と、ゆっくり話したくて、2人でモーニングに出かけました。

ずっと憧れていたのは、JR芦屋駅すぐの「バールラッフィナート」のモーニング。「クロワッサンに、アプリコットジャムがついてくるなんて、なんて芦屋テイストな‼️」と感心して以来、子供なしで行けるタイミングを、虎視眈々と狙っていました。

実際行ってみて、こじんまりした空間ながら、ゴージャスな内装に驚きました。ソファの後ろの壁は鏡ばりで、ゴールドのテーブルクロスが光沢を放ち、天井からはシャンデリアが下がります。パリやフィレンツェの街角にこんなお店がありそう(妄想)、そんな雰囲気でした。

...

モーニングのメニューは、3種類。ドリンク、パニーニ、クロワッサン(おかわり自由)が630円。サラダがついて1,050円。さらに、フレッシュジュース、卵料理、ジェラートがつくと1,280円。私達は、一番お手軽なメニュー(松竹梅で言う梅)を注文。パニーニも美味しく、クロワッサンも2回お代わりして、お腹も心も大満足。

ひとつだけ問題は、ラポルテの駐車場に停めると、2000円以上でないと割引がもらえず、梅2つでは、2000円に届かないこと💦

慌ててコープで買い物をして、無事に割引を得ました。駐車場代金750円も、2000円以上の買い物で0円になるんですから、提携している店舗のどこかで買い物しないと損ですね!

小さなリフレッシュタイム、感謝です

投稿日時: 2017-08-25 16:39:32 記事カテゴリー │ニュース

東京限定のモロゾフ

27236_s.jpg

「コルネ de コルネ」

東京限定のモロゾフのコルネ。お土産に頂きました。とてもエレガントな雰囲気です。

友達は、「モロゾフが、神戸の会社だったと知らなくて、ゴメンね!」と言っていましたが、いえいえ、東京限定ですから、お土産の価値ありますよ!

...

「こんなにステキになって、関西に戻ってくるなんて。いちびり凱旋ね!」と言うと、友達は、不思議顔で「いちびりって何?」と。

「いちびり」は 関西弁と 知るお盆

ちなみに、姉にこのコルネを見せたら、「『コルネ de 凝るねぇ』って事? 東京限定とはいえ、関西の会社やねー!」と。

姉様よ アンタが一番 関西人

投稿日時: 2017-08-24 16:38:07 記事カテゴリー │ニュース

アイスクリ―ム天ぷら

27235_s.jpg

「アイスクリーム天ぷら」

一時、流行りましたね! 少し懐かしい感もありますが、海外に住む親戚が帰国して、「何を食べたい?」と聞くと、この返事が返って来ました。

神戸で調べて、元町の「二つ茶屋」さんにあると判明。食べて来ました! 美味しかったです! 天ぷらというより、アイスケーキと言うか、アイスのパンケーキ包みのような印象。外は熱く、中は冷たいのかと思いましたが、さすがにそれでは大量に作れませんもんね。「二つ茶屋」さんでは、揚げた後、もぅ一度、全体を冷やし直しているようです。チョコとよく合い、子供達も、大喜びの一品でした。

...

自分達で作る場合は、どうするんでしょう? ネットでは、「雪見だいふくを使うと簡単」とか「シューアイスを使うと楽」など書いています。うーん、やや邪道感が否めず。ポイントは、アイスを球状にして冷やし、パンやカステラで包み、アイスに熱が伝わらないようにしながら揚げることのようです。

結論。これは、やはり外で食べる食べ物です。ご馳走様でした

投稿日時: 2017-08-22 16:37:10 記事カテゴリー │ニュース

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

27234_s.jpg

たかいよしかずさん。

この名前を聞いて「みやたんの作者?」と言える方は、かなりの西宮通です。

たかいさんは、イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に4度入選されていて、9月3日にも、同展覧会でサイン会を行います。その時は、たかいさんの秘蔵っ子 みやたんも来るとか。

...

ミーハー心で、9月3日に、展覧会に行こうかと思ったのですが、チラシを見ると、4日、7日、11日、14日に、一時保育(6ヶ月〜3歳)があるではないですか! うーん、そっちにしようかな! 昨日から受付ですが、今朝、まだ空きがありましたよ。子供がいて、美術館はいけないという方、いかがでしょう?

申込電話:0798-33-0164

投稿日時: 2017-08-22 00:01:41 記事カテゴリー │ニュース

このローストビーフサンドイッチ!

27223_s.jpg

苦楽園口駅近くにオープンした「GOOD GOOD MEAT」さんを、訪ねてみました。

以前、「男前豆腐」の社長さんが、「豆腐をジャケ買いさせたい」とおっしゃっていましたが、このお店の外観、そんな雰囲気です。つまり「肉屋のジャケ買い」をしたくなるほど、目立つんです‼️

そしてビックリ、店舗は、金土日のみの営業とか。「他の日は、何してるの?」と思いきや、「牧場経営してます」とのお返事でした。豚を放牧してはるそうです🐷

...

入るとショーウィンドウに、25種類くらいのお肉が並んでいました。種類は牛と豚、ステーキ肉から薄切り、ミンチまで。産地は、国産とニュージーランド産。短角和牛や赤身もも焼肉といった、他ではあまりみない種類も多く、かなりそそられました。

テイクアウトには、サンドイッチやお惣菜があります。生ハンバーグ、ポテサラ、ローストビーフや、ソーセージ、サラミなど。私は、話のネタに、十勝放牧豚zettonジューシーヒレカツサンド(900円)、放牧和牛のやわらかローストビーフサンド(850円)を購入しました。

感想。サンドイッチとしては、かなり値段は高いけれども、お腹は膨れるし、めちゃ美味しいです。私は特にローストビーフサンドが気に入りました。ボリューム満点の肉と、新鮮なトマトと玉ねぎとレタスを、辛子マヨネーズが、うまくまとめてくれています。もぅ一度いいますが高い。でも願わくば、また食べたいです。(あ、注文から、できあがりまでに、15分はかかりますよ‼️

あと気になるのは、イートイン。おつまみになりそうな生ハム、ソーセージ盛り合わせもありますが、ちゃんとハンバーグや、ステーキもあります。一番高級なもので、フィレステーキ200g 3800円‼️ 元フレンチのシェフが、焼いてくれるそうで、お店の方も「その場で食べられるイートインおすすめですよ」とおっしゃっていました。確かに、いい肉はプロに焼いて欲しい〜🐂

これは、「夏休みお疲れ会」で、肉を食らう会でも計画しますか。それまでは、妄想肉でご飯をお代わりします‼️ ガンバレ、アタシ‼️ ガンバレ、みんな‼️

【GOOD GOOD MEAT】
http://meat.goodgood.jp

投稿日時: 2017-08-21 16:33:42 記事カテゴリー │ニュース

見事なグリーンカーテン@西宮市役所

27233_s.jpg

グリーンカーテンが流行り始めたのは、いつでしょう。

今日、西宮市役所で見事なグリーンカーテンを見ました。規模としては、今までで最大かも

思えば、甲子園球場は、グリーンカーテンのパイオニアだったのかなぁなんて。ぼそ。

投稿日時: 2017-08-19 00:11:58 記事カテゴリー │ニュース

駅舎全体が猫!?

27230_s.jpg

白浜旅行 オマケ編です。

和歌山ラーメンを食べた後、もぅ1つ寄り道をしたくなり、和歌山城か、貴志駅かで、私たちは後者を選びました。

貴志駅、それは和歌山の田舎の小さな駅。2006年に無人駅となり、それに伴い行き場をなくした売店のネコのたまを駅長としたことから、当時非常に話題となりました。その後、たまがもたらした経済効果は、10億円を超えると言うから驚きです。

...

山道を走らせて、やっと見つけたのは、こじんまりとしつつも、オシャレな駅。たまマネーの恩恵でしょうか、駅舎全体がネコでした‼️ また売店では、たまグッズがズラリと並び、アイスなどが食べられるカフェもありました。

さらに、列車もかなり可愛い。私が見たのは、「梅星」と書かれた梅干色の電車でしたが、他にもイチゴ柄の列車もあったりして、インスタグラマーには、キュンキュンです。

当のネコ駅長は何をしているかと言うと、ガラスの中で寝ているだけなんですけどね。ま、それは仕方ないかな。

ほんの30分足らずの寄り道でしたが、なかなか楽しかったです。和歌山のプチドライブにオススメ。車は、伊太祈曽(いだきそ)駅の駐車場に停められますよ

投稿日時: 2017-08-16 00:11:03 記事カテゴリー │ニュース

和歌山ラーメン in 白浜

27229_s.jpg

白浜旅行の続きです。

海水浴もアドベンチャーワールドも終えた3日目。何をしようか迷いましたが、レンタカー返却の時間もあるので、ポルトヨーロッパなどに寄る時間はありません。

迷いつつ、まず千畳敷を見て、その後、「第2の和歌山らーめん」と言われる「麺家 口熊野食堂」にお昼を食べに行きました。白浜から、約30分のドライブです。

...

一般的に、第1の和歌山らーめんは、ストレートの細麺 & とんこつ醤油味。対して、こちらの第2の和歌山らーめんは、その進化系だそうです。

具体的なメニューとしては、とんこつ味の「口熊野らーめん」、ピリ辛の「口熊野 赤らーめん」、魚介系の「口熊野 魚○らーめん」、醬油味の「中華そば」、塩味の「和歌山潮そば」など。びっくりするほどスープが黒い、醬油味の「口熊野 ブラック」もありました。

私は「口熊野 魚○らーめん」を注文。結論から言いますと、コレ、めっちゃ美味しかったです。このらーめん、食べ方に3つ段階あります。

1️⃣そのまま食べる
2️⃣スープに酢を入れて食べる
3️⃣スープにご飯を混ぜて食べる

3️⃣までいくと、お金のない下宿生の夜食やん」と思いましたが、1️⃣より2️⃣2️⃣より3️⃣が美味しく感じてしまいました‼️ 魚介系のらーめんに、あまり良いイメージはなかったのですが、ここの魚介らーめんは、コクとキレを兼ね備えた逸品。是非、3️⃣まで食べて頂きたい‼️

先日の人間ドックで、昨年より2キロ体重が増えていたと判明した私。現実に対処せねばと思いつつ、3️⃣の雑炊を、お茶碗3杯も食べてしまいました。盆と正月にダイエットは、無理だぁ〜💦

ご馳走様でした

投稿日時: 2017-08-15 00:10:14 記事カテゴリー │ニュース

パンダサンデー

27228_s.jpg

夏の家族旅行、今年は白浜に2泊しました。

高速が整備されたこともあり、阪神間から車で2時間半ほどで到着。初日は海水浴、2日目はアドベンチャーワールドという、ベタなコースです。

アドベンチャーワールド、入園料が最近値上がりしたんですよね。3800→4500円(涙)。まあ、これは仕方ないとして。

...

結論、とても楽しかったです。迫力満点のイルカショーが特に良かったです。あとパンダの赤ちゃんも、大人パンダに比べて、クルクル動くので、とても愛らしくて。はっ、須磨水族園と王子動物園の十八番が💦

敷地が広いので、子連れは、ヘトヘトになるかと思っていましたが、エアコンの効いたエリアが多く、思いの外疲れませんでした。

またやはり敷地が広いのは、いいですね。お盆の日曜でも、お昼時のレストランエリア以外は、待ち時間も人混みも少なく、快適でした。

写真は、オヤツのパンダサンデー。敷地内にポスターがあり、そのメニューを求めて、カフェに行ったところ「すみません、そのメニュー終わったんです💦」と言われました。ガーン顔をする私たちに、店員さんが冷蔵庫を見て、「ひとつならば作れそうです!」と言って、作って下さいました。そのホスピタリティが、プライスレス‼️

イルカよ、パンダよ、パンダサンデーよ、良い思い出をありがとう〜

前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 …… | 55 | 次のページ