QRCode
携帯から見る

ビーラブ西宮スタッフブログ

ビーラブニシノミヤスタッフブログ

ビーラブ西宮スタッフブログ

西宮在住歴トータル30年を越えた、身も心も西宮Lover さくらです。結婚3年目に、主人の仕事の都合で、ドイツへ引っ越し。2014年、再び西宮に戻って来ました。現在 4人の子育てに奮闘中。故郷で育児ができる幸せをかみしめながら、家族へのツッコミや、ビーラブ西宮スタッフとして、西宮のイベント&イケてるお店紹介を綴ります。

ビーラブ西宮スタッフブログ

前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 …… | 57 | 次のページ

投稿日時: 2017-08-06 00:06:51 記事カテゴリー │ニュース

特等席で花火

27225_s.jpg

子供達と、「みなとこうべ海上花火大会」(通称 メリパの花火)を見てきました。

場所は、お友達のお友達の会社の屋上。子供にとっては、初めての大きな花火大会。友達の輪、バンザイ‼️

驚いたんですが、大きな花火が上がるたびに、目の前の駐車場の盗難防止装置が誤作動して、すごい大きな音が鳴るんです。調べてみると、「オートアラーム」という、音圧を感知するセンサーだそう。花火の音圧、おそるべし。

...

花火のおかげで、子供は思い出が増え、私は知識がひとつ増えました

投稿日時: 2017-08-05 00:05:28 記事カテゴリー │ニュース

人間ドックを受けてきました

27224_s.jpg

週末、人間ドックを、受けて来ました。

場所は、「日本盛 酒蔵通り 煉瓦館」。心電図、子宮頸がん、胃部レントゲンなどを受けても、全てが1時間半で終わる手際の良さは、素晴らしいです!

余談ですが、人気の日本酒「獺祭(だっさい)」は、西宮の酒屋ではほとんど見ることがありません。やはり、地元のお酒しか置かないのかな〜と思っていましたが、意外にもこの煉瓦館に、めっちゃありました。煉瓦館が、獺祭の特約店だったなんて! 獺祭スパークリングもありましたよ。お酒に弱い私ですが、少し興味あり😄

...

写真は、人間ドック後のランチ。「花さかり」さん(煉瓦館内)の「酒蔵膳」は、バリウムでいっぱいの胃に、優しい味わいでした。汁物の粕汁が、絶品🍶

投稿日時: 2017-08-02 23:58:35 記事カテゴリー │ニュース

「夏休み工作ひろば」in フレンテ西宮

27222_s.jpg

「夏休み工作ひろば」in フレンテ西宮へ、行ってきました。

正確にいうと、ママ友がうちの子も連れて行ってくれました。私は後から合流する予定でしたが、あまりの混雑に「ベビーカーは、無理やで!」と言われ、断念したという訳です。

レジンアートやキーホルダー、ビー玉迷路作りなど、15つくらいブースがありましたが、始まってすぐに当日券売り切れも出るほどの、大人気だったようです。

...

子供2号が作ったもの。マステで作るキーホルダー400円、スライム500円、ロゼット1000円。クラフト3つで、1900円、チーン。意外とデカイ出費💦でも、子供が楽しかったならば、いいか〜😄

1つ贅沢を言うならば、夏休みの宿題になるレベルではなかったのが残念〜。夏休みも、宿題も、まだまだ続きます。

「西宮の夏休みは、あと何日あると思っているの?」「35日!」
‥は、切りましたが、しっかり30日はあります。ヒッー!

投稿日時: 2017-07-31 23:55:50 記事カテゴリー │ニュース

「おすしのずかん」

27221_s.jpg

西宮図書館で借りた本のご紹介です。

「コープ自然派」か「グリーンコープ」か。なんしか、ナチュラル系宅配のカタログに載っていた本「おすしのずかん」。名前は図鑑ですが、中身は、とても可愛い絵本でした。

舞台は、ペンギンのお寿司屋さん。あかいおすし、しろいおすし、ひかるおすし、ながいおすし、そのほかのおすし、のりでまいたおすしと、順番に紹介してくれます。

...

そして、注文を聞いたペンギンが、「しょうしょう おまちください」と言って、その都度、魚をとりにいく場面となります。

つまり、まずお寿司、それから魚の紹介。「そのほかのおすし」の次のページは、牛が海を泳いでいて、「そもそもうみにいない」という注釈付き。そんなボケも挟みつつ、絶妙なミルフィーユ仕立てとなっています。

文字が全部ひらがなで、雰囲気が優しいのも好きですが、とにかく絵が美味しそうなんです‼️

お寿司やお魚好きの子供も、食育を意識するお母さんも、日本大好き外国人も喜びそうな1冊。この夏帰国する、海外在住のお友達にプレゼントしようかなぁと思っています

投稿日時: 2017-07-28 23:44:40 記事カテゴリー │ニュース

むつみ児童館へ

27220_s.jpg

むつみ児童館に行って来ました。

阪急西宮北口から徒歩5分強。西宮の児童館の中では、珍しい駅近です。

今まで、のびのびあおぞら館へ行っていたのですが、あちらは、小学生はNGなんです。小さな子供には安心なんですが、年の離れた兄弟がいる夏休みは困ります。

...

その点、関西学院大学(旧 聖和大)の「さぽさぽ」は、「未就園児の兄弟はOK」なので助かりますが、駅から遠いのが難点。

市内9つある児童館は、乳幼児〜中学生までOKです。近くになかったので、今まで使ってませんでしたが、いろんな年齢の子が楽しめていいなと、改めて思いました。

大きい子向けには、卓球台、ビリヤード台、オセロ、ピアノなど。小さい子向けには、ままごと、ドールハウス、プラレール、レゴなど。本もたくさんあり、マンガや、リボン、少年マガジン、コロコロコミックスなどの、雑誌もあるのは驚きました(しかもママ世代にヒットしそうな懐かしいマンガも!)。

またジクソーパズル大会、卓球教室、将棋入門など、楽しそうなイベントも盛りだくさん。

夏休み、家にいるとケンカ勃発するけれど、外出ると、やたら、お金が飛ぶという、悲しい事態。これからは、児童館を、上手に使いたいと思いました。5歳から親なしで行けますしね。これ、ポイント

投稿日時: 2017-07-27 20:32:28 記事カテゴリー │ニュース

涼しい〜、奥池!

27211_s.jpg

このところ、アブラゼミが減り、クマゼミが増えたと巷で噂ですが、先日、たっぷりヒグラシの声を聞いて参りました。

場所は、奥池の「あそびの広場」。少しクローズしていましたが、7月15日に再オープンしたと聞き、ママ友同窓会で使ったという訳です。結論「涼しすぎて、驚きました」。

「あそびの広場」は、自家用車はもちろん(駐車場無料ですが、芦有ドライブウェイの通行料は必要です)、JR芦屋や阪急芦屋川からバスで行けます。しかも、阪急芦屋川から、15分という近さ。それで、いきなりヒグラシワールドへ、飛び込むことができるんです。

...

入園は、大人300円、子供150円。大人1人につき、子供1人無料になります。バーベキューは、完全予約制で、材料も炭も持ち込み。それが大変な人は、レジャーシートとなりますが、お弁当持参もありです。

バーベキュースペースは、屋根付き。横には、滑り台やブランコなどの遊具もありますし、狭すぎず広すぎない敷地内は、子供が走り回れて、でも親が見失わない絶妙な広さでした。もちろん、トイレも完備で、ベビールームもあるそうです。

友達と「ここならば、夏でもバーベキューできるわ! 今度したいね!」と話しながら、下山しました。29日から水遊びコーナーもオープンするそうで、そちらも気になります。

基本、土日祝日の営業ですが、お盆は、平日も営業しています。夏の友達との再会に使えるかもしれませんよ😄

【あそびの広場】
http://www.royu.co.jp/bbq/

投稿日時: 2017-07-24 20:31:26 記事カテゴリー │ニュース

カブトムシの嫁探し

27210_s.jpg

カブトムシ 嫁探し編です。

たまに芦屋のJAFステーションで、カブトムシ販売しているので、近くに住む友達に聞いたところ、「残念、3連休に、世界のカブトムシ・クワガタムシ展していたよ!」との返事。ニアミスー😭

頼もしい友人は、その後もリサーチをしてくれ、「この土曜、あしや保健福祉フェアで、カブトムシ販売してる!」との連絡。ところがら昼過ぎに行くと、なんと「メスは売り切れたよー」と‥。ニアミス、アゲインー😭

...

ここは、専門店に行くしかないと、船坂にある「ワンダーグローブ」さんを訪ねました。感想「ディープな世界に足を踏み入れた感あり」。

「この先 行き止り」と書かれた細い道を進む心細さ。それを乗り越えて、なんとか到着したら、あるのは小さなプレハブです。のぞくと、壁一面にクワガタの幼虫らしきものが。「わー、西宮にもこんな所があるんだ〜」と改めて思いました。

お店の方は、ちょっと藤岡弘さんに似た方で、もちろんカブトムシやクワガタの知識は豊富。飼い方も丁寧に教えて下さいました。「採っているんですか?」と聞くと、「いやー、養殖だね」と。メスは1匹300円でした。さすがホームページに「日本で3番目に安い」と書かれているだけある良心的な値段です。

さて、大切なお嫁ちゃんですが、家に連れて帰って、カゴに入れると、スルスルっとマットに潜ってしまいました。新婚早々、別居状態です。夜エサ場で、手と手が触れて、恋でも始まってくれればいいんですが、こればっかりは分かりません。

また幼虫が生まれたら、ご報告しますって、いらんかー。サイトの名前が、”be love KABUTO”になる前に、カブトムシネタはやめます🙇‍♀️

〈追伸〉JAFステーション芦屋の店長さんは、昆虫博士との事です。カブクワ系で、困ったら、是非駆け込みましょう!

【ワンダーグローブ】
http://www.minsho.jp/omiken/retailer/wonderg/index.html

投稿日時: 2017-07-22 20:30:19 記事カテゴリー │ニュース

カブトムシ、はじめました。

27209_s.jpg

カブトムシ、はじめました。

カニ、カメ、かたつむり、青虫を経て、とうとう、この世界に足を踏み入れてしまったんです💦

調べてみると、成虫としての寿命は1〜3ヶ月と、決して長くはありません。虫かごに閉じ込める代わりに、せめて長生きして欲しいと、大きめの虫かごを買ったり、昆虫マットなるものも買ったり。新参者の割に、既に存在感たっぷり。

...

カブトムシやクワガタを、ペットとして買うのは、日本人特有の行動と聞いたことがあります。確かに、夜行性だから、昼間は土に潜ってるばかりだし、幼虫も愛くるしいとは言い難いし、成虫を飼うと、そこそこ匂うし。ブームにまでなる理由は、飼っている私自身、よく分かりません。

ツノが格好いいから? 闘わせるとおもしろいから? 飼いやすいから? 様々な理由がネット上にありましたが、ひとつ興味深いものがありました。クワガタについての記述でしたが、日本人のカブトムシ好きを説明する際、相通じるものがありそうです。

「地方にはクワガタムシをさす方言が100を超えて存在することや、江戸時代の文書の中にクワガタムシの詳細な絵が残されていたりすることからも、(日本人のクワガタムシ好きは)相当古くから定着していた文化」とした上で、「クワガタムシ幼虫は朽ち木を分解するだけでなく肥やしも作る重要な役割を担っていることが分かってきたのです。つまり、彼らが豊富に存在することで、森は常に豊かに維持されることになります。(中略)古い日本人たちは、自分たちの生活空間の中に常に存在するクワガタムシを、森を豊かにしてくれる大切な昆虫、森の守り神であると、自然と体感したのではないでしょうか。」との論理でした。

なるほど、深い。カブクワ = 森の守り神説。ここまでくると、どんなに混雑しようが、春は花見をして、秋に紅葉を愛でるのと、同じレベルの話なのかもしれません。

繰り返しになりますが、カブトムシの成虫の寿命は長くありません。明日から、守り神様の嫁探し、頑張りたいと思います。

投稿日時: 2017-07-20 20:29:34 記事カテゴリー │ニュース

「おっとっと」のドラえもん

27208_s.jpg

「おっとっと」ドラえもんバージョン!

子供のお友達の手土産に頂きました。ドラえもんが3ポーズ、タケコプターと、スモールライト。あとひと種類は、シークレットというお楽しみ付き。どこでもドアかな、タイムマシンかな⁉️

探しました。ない、ない、ない。「あー、なかったねー」と話していたら、横で子供3号が「ワカメだ〜」と言いながら、1つ食べています。「え、おっとっとに、ワカメなんてあった?」「それがシークレットやん!」と言いますが、時すでに遅し。写真も撮れませんでした。

...

「ワカメ」の正体が、あまりにも気になって、ネットを探しました。答えが気になる方は、こちらをご覧ください。感想「そうきたかー‼️」です。

【おっとっとのシークレットの正体】
http://mamamoco.blog.fc2.com/blog-entry-300.html

投稿日時: 2017-07-19 20:28:57 記事カテゴリー │ニュース

コストコの生ソーセージ

27207_s.jpg

コストコで、何を買いますか?

私は最近、「生ソーセージ」がお気に入りです。ザッツ「腸詰め」という風貌で、要加熱商品。ボイルもいいですが、ぎゅうぎゅう焼きにするのが、私のマイブームです(って、2回くらいしかした事ありませんが💦)。

冷蔵庫の残り野菜と生ソーセージを、ホットプレートにいれ、オリーブオイルをひと回し & 塩をパラパラ。15分ほど加熱すれば、栄養満点の手抜きご飯完成です。

...

市販のソーセージよりも、添加物が少なく、しかも噛んだ時の肉感がスゴイんです。ニクニクしい肉がお好きな方、オススメです

前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 …… | 57 | 次のページ