QRCode
携帯から見る

norikoの独り言

ノリコノヒトリゴト

norikoの独り言

投稿日時: 2010-12-03 12:33:56 記事カテゴリー │ニュース

言葉かけって大事

「また、勉強してないの?ほんとにやる気のない子ねぇ。」
まさか、こんな言い方をお子さんにしていませんよね?

何年か前の塾の生徒さんで印象に残っているのが、
「どうせ僕は出来ないから…」「たぶん間違っていると思うけど…」
と自分に対する評価がとても低い男子生徒です。

素直でまじめな性格なのですが、いつも自信なさげ。
こんな風にやってみたら?とアドバイスしても、
「どうせ僕は…」とまず返ってくるのです。

その時は、私に
「そんなことはないよ。あなたはこんないいところを持っているよ」
と言われたくてそう言っているのだろうと思っていました。

しかしこれらの言葉は
自分の中で作られたものではないかもしれないのです。



というのは、
その生徒のお母さんと面談すると、
子どもの将来のためを思い、
愛情を持って繰り返しアドバイスをなさっていたのです。


「あなたは頭が悪くて出来ないから、
他の子よりたくさん勉強しなさい。」
「ドンくさいんだから、しっかり準備しておきなさい。」

お母さんが伝えたかったメッセージは
あなたはもっともっと努力したら、
きっととても良くなるよ]ということでした。

「がんばれ」と。

ところがなぜか子どもに伝わっていたのは
「あなたはできない」というメッセージ。

だから子どもは[どうせ僕は…」
「そんなこと無理に決まってる…」
まずそう考えてしまっていたのです。

せっかく励ましているのに、こんな風にとられたら、
親としては何のために叱っているのか、
力が抜けてしまいますよね。

でもそういうことなのです。
言い方一つでメッセージはストレートに届かなくなるのです。



たとえば―――


きれいになりたいから美容室に行ったのに、

「あなたの土台は悪いからもっと手入れをしてください。」
「年相応の髪型にしておきましょう」

なんていわれてやる気がでますか?


「もう二度と行かないわ、あんなとこ!!」
正解です☺(笑) 


でも、美容院がそこしかなければ、
行かざるを得ません。

そして行くたびに似たようなことを言われ続けたら、
きっと『どうせ私は土台が悪いから』とか
『年もトシだし…』と自己評価は
少しずつ下がっていくと思いませんか?


悲しいかな、子どもは親を選べないのです
毎日の言葉かけが
子どもの自己評価を作り上げていくのです。


相手の立場でちょっと考えてみては、

または自分の立場に
置き換えてみてはいかがでしょうか
?   
      

激しく同意です!
NLPでも同じようなことを学びました☆
Posted by aya☆彩華繚乱 2010-12-07 04:23:37
ayaさま:

コメントありがとうございました。前回のラブ西宮オフ会ではおいしいワインのテイスティングもさせていただきました(*^o^*)

NLPに最近興味を持ちました。日本語版が出ていない本がオススメにありましたので、アマゾンで注文したばかりです。偶然にびっくりします(*^o^*) ayaさんはかなり詳しいのですか?また教えてくださいね。
Posted by noriko 2010-12-08 22:59:49

この記事へのコメントを受け付けております。

お名前
 (全角100文字以内)
メール
 (半角100文字以内)
URI
 (半角200文字以内)
コメント
 (全角1000文字以内)
画像認証
上に表示される文字を入力