石油系シャンプーは避けてアミノ酸系シャンプーを使用しましょう!

シャンプーは、石油系を避けてアミノ酸系かベタイン系がおすすめ

シャンプーには必ず界面活性剤というものが含まれています。
界面活性剤は、頭皮や髪の皮脂汚れを落とすために必要で、界面活性剤の含まれていないシャンプーはありません。

ただ、界面活性剤にもいくつかの種類があり、特によく使用されるのが石油系とアミノ酸系のモノです。

石油系の界面活性剤を使用したシャンプーは避けましょう

石油系の界面活性剤は安くて洗浄力も強いので、安くて質の悪いシャンプーに良く使用されます。

ただ、刺激が強いので頭皮や髪を傷つけてしまいます。

また、洗浄力が強すぎるので、頭皮の皮脂をごっそりと洗い流してしまいます。
頭皮は、皮脂によって乾燥や紫外線から守られているので、全て無くなるとそれらに直接さらされることになります。

乾燥や紫外線はフケや抜け毛の原因にもなるので、直接さらされることは避けたいですね。

石油系の界面活性剤は、安くて洗浄力が強いというのがメリットです。
が、頭皮や髪にとってはその強い洗浄力がデメリットなので、石油系シャンプーの使用は避けた方がいいです。

アミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプーがおすすめ

アミノ酸系の界面活性剤は、刺激が少なく、洗浄力も強すぎないので、アミノ酸系シャンプーは髪や頭皮に優しいシャンプーとなっています。

石油系シャンプーと比べると泡立ちが悪いので、洗った気がしない方も多いです。
ただ、正しい方法で髪を洗っていれば、髪や頭皮の汚れは十分に落ちます。

それと、石油系シャンプーと比べると、値段が高いというのもアミノ酸系シャンプーのデメリットです。

ただ、石油系シャンプーは薄毛や抜け毛の原因にもなります。
薄毛や抜け毛が進行すると、その治療費や育毛剤の購入がかなりの出費になるので、それを考えるとアミノ酸系シャンプーを使用した方がいいです。

ベタイン系の界面活性剤を使用したシャンプーもおすすめ

髪や頭皮に優しいシャンプーには、ベタイン系の界面活性剤を使用したモノもあります。

ベタイン系の界面活性剤は、アミノ酸系の界面活性剤よりも刺激が弱くて赤ちゃん用のシャンプーにも使用されています。

また、アミノ酸系の界面活性剤よりも泡立ちがいいというメリットもあります。

当然、石油系シャンプーと比べると値段は高くなりますが、ベタイン系シャンプーもおすすめです。