食生活の乱れは薄毛!髪の健康を阻害する食生活について解説します!

薄毛になる食生活

現代人の薄毛の原因の一つして上げられるのが食生活の乱れです。
最近、抜け毛が増え始めた!地肌が目立ち始めた!薄毛が気になり始めた!という方は、まずは食生活の改善から行ってみましょう。

こちらの記事では、改善した方がいいNGな食生活についてまとめていきます。

脂っこい食事

脂っこい食事を取り過ぎると頭皮からの皮脂の分泌量も過剰になってしまいます。

適度な皮脂は頭皮を乾燥や紫外線から守るので必要ですが、過剰に分泌した皮脂は酸化して髪の生育を阻害してしまいます。

健康な頭皮環境は健康な髪の生育にとって大切なので、脂の取り過ぎには注意しましょう!

糖分の摂りすぎ

糖質の取り過ぎは肥満を招きかねません。
肥満体質になると頭皮からの皮脂の分泌も増えてしまいます。

また、肥満体質は中性脂肪の増加を招き血流の悪化を招きます。
血流の悪化により髪の十分な栄養が届かなくなるので、健康な髪の生育にも影響が出る可能性があります。

それに、肥満は様々な健康被害を招くので、糖質の取り過ぎにも気を付けましょう。

外食

栄養バランスの取れた食事は髪の健康にも大きく影響します。

が、外食が中心になると脂っこい食事が多くなりがちで、また栄養バランスを考慮した食事を取るのが難しくなります。

どうしても外食が増える場合には、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの髪の生育に必要な栄養素も取れるようなメニューも注文するようにしましょう。

それが難しそうなら、サプリメントなどで不足しがちな栄養素を補うのもおすすめです。

食事制限によるダイエット

肥満体質になってきた方は、健康の為にダイエットをして余分な糖質や脂質を制限することはおすすめです。
ただ、過度な食事制限をすると必要な栄養素まで不足してしまいます。

やはり、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの不足は髪の生育を阻害するので気を付けましょう。

就寝前の食事

就寝前の食事も健康な髪の生育を阻害すると考えられます。

就寝前に食事を取ってしまうと、消化の為に寝ている最中に胃の働きが活発になってしまいます。
そうなると血流の悪化を招くので頭皮にまで栄養が行き渡らなくなり、髪の生育に悪影響が出てしまいます。

それに、私たちは日中紫外線や乾燥などで頭皮や髪も多くのダメージを受けています。
それらのダメージは就寝中に修復されるのですが、栄養不足で十分に修復しきれないということも起こりえます。

食事を取るのは就寝3時間前までにして、胃が落ち着いてから寝るようにしましょう。

どうしてもお腹が空いて眠れないという場合には、脂っこい食べ物は避けて、サラダやささみなど軽めのモノを食べるようにしましょう。

お酒の飲みすぎ

髪の健康を考えるなら、お酒の飲みすぎにも気を付けましょう。

お酒に含まれるアルコールは体内で分解されて無害な物質に変換されますが、過剰なアルコール量になると分解が追いつかなくなります。
そうなると、アルコールの分解の為に多くのアミノ酸が使用されてしまいます。

アミノ酸も髪を作るための大切な成分なので不足すると健康な髪の生育が阻害されてしまいます。

適度な飲酒はストレスの発散にもなりますが、過度な飲酒は避けるようにしましょう。