洗髪でも薄毛対策を意識することが大切

薄毛対策として毎日行っている洗髪にも気を使うことが重要です。

世の中には毎日シャンプーを行う必要がないという方もいますが、
頭皮や髪に皮脂汚れなどが溜ると薄毛の原因にもなります。
必ず毎日で髪を洗うようにした方がいいです。

まず、洗髪前には軽くブラッシングをして下さい。
頭皮を刺激することで毛根が刺激されて、血行も良くなるので、発毛や育毛にもつながります。

また、洗髪時に頭皮マッサージで頭皮を刺激することもおすすめです。
毛根が刺激されて血行が促進されます。

それと、マッサージをした時に、頭皮が硬くなっていると血行が悪くなっている場合があります。
血行が悪くなると頭皮にまで栄養が届きにくくなるので、マッサージでほぐしてやることも大切です。

シャンプーで頭を洗う際には、爪を立てずに、指の腹で軽く頭皮を揉み込むようにして洗って下さい。
爪を立てていると、頭皮を引っかいて傷つけてしまうこともあります。
また、ゴシゴシと強く洗わないようにして下さい。

髪を水で流すときには、熱すぎるお湯は頭皮を傷つけるので、ぬるま湯で流すようにして下さい。
また、冷たい水だと、血行が良くならないので気をつけて下さい。

使用するシャンプーにも注意が必要です。
安いシャンプーだと石油系の界面活性剤が使用されていて、頭皮や髪を傷つけてしまいます。

また、石油系シャンプーは頭皮の皮脂をごっそりと洗い流してしまいます。
皮脂は頭皮を乾燥や紫外線から守る役割も担っているので、全て洗い流さないようにすることも大切です。

おすすめは、アミノ酸系の界面活性剤をしようしたシャンプーです。
アミノ酸系シャンプーは石油系シャンプーよりも高くなりがちで、泡立ちが悪いというデメリットはありますが、
刺激が弱くて頭皮や髪に優しいシャンプーになるのでおすすめです。

リンスを使用する場合にも注意が必要です。
リンスも油分でできているので、頭皮に付くとフケやかゆみの原因にもなります。

リンスは頭皮に付かないように注意して、使用した後はぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

髪を洗った後は、濡れたまま放置される方もいます。
湿っていると雑菌が繁殖しやすくなるので、炎症などの原因にもなります。

洗髪の後はドライヤーで乾かすようにして下さい。

ただ、温風だと髪を傷つけるので、温度にも注意して下さい。
さらに長時間風を当て過ぎるのも良くないので、完全に乾かなくても、80%くらいまで乾かしておけばOKです。

洗髪は、薄毛対策も意識して、さらに髪や頭皮を傷つけるような行為は避けて下さい。
傷がつくと、炎症を起こすこともありますし、そこから抜け毛や薄毛が進行することもあり得ます。

頭皮や髪は清潔な状態を保つだけでなく、健康な状態を保つことも意識するようにしましょう。