10代、20代の薄毛は「若年性脱毛症」の可能性も。早目の治療がおすすめ!

若年層の薄毛は早目の対策がおすすめ

薄毛が気になり始めるのは、30代・40代以降と考えている方も多いですが、実際には10代から薄毛が進行している人もいます。

若いからまだ大丈夫と放置されがちですが、30歳、40歳になった頃には進行しきって後悔することになりかねないので、早目の対策をおすすめします。

10代、20代の薄毛は「若年性脱毛症」の可能性の可能性あり

若い方の場合、遺伝的な要因が強いとされている「若年性脱毛症」の可能性が高く、
母方の祖父や曾祖父が薄毛で悩んでいた場合には、「若年性脱毛症」になる可能性がかなり高くなります。

「若年性脱毛症」とは若年性のAGAとも言われていて、男性ホルモンの一つである「DHT(ジヒドロテストステロン)」の分泌量が過剰になるために起こります。
DHTが過剰になると、ヘアサイクルが乱れて、髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまうので、薄毛が進行すると言われています。

もし、10代、20代でも薄毛が気になり始めたら、まずは専門医の診断を受けることをおすすめします。
クリニックに行けば適切な診断をして貰えますし、治療やアドバイスもして貰えます。

ただ、家系的に薄毛になる可能性があるからと言って、必ずしも薄毛になるとは限りません。
それに、そもそも薄毛は必ずしも遺伝だけが原因とも限りません。

生活習慣や食生活に気を付ければ、AGAの進行を抑えることができますし、
逆に生活習慣や食生活が乱れていると、遺伝に関係なく薄毛になる可能性が高くなります。

他にも、例えば市販のお手頃なシャンプーだと髪への刺激が強すぎる石油系の界面活性剤を使用しているので、それが薄毛の原因にもなりかねないです。
また、紫外線も髪にとっては良くないですし、ストレスや疲労が溜まり過ぎるのも良くないです。

10代になると行動範囲も広がりますし、友人との付き合いで外食に行く機会も増える時期です。
友人関係でストレスを抱え込みやすくなる時期でもあります。

そういった点を気を付けて生活することも大切です。

また、食生活に関しては、バランスの取れた食事も大切ですが、髪の生育に必要なタンパク質やビタミン、ミネラルをしっかりと取れる食事も意識した方がいいです。
それに、髪の生育に必要な栄養素は他にもあるので、足りない分は育毛サプリメントで補助することもおすすめです。

さらには、シャンプーは髪に優しいアミノ酸系シャンプーに変えることもおすすめですし、洗髪方法にも気を付けた方がいいです。

さらに、育毛剤を使ったケアもおすすめです。
育毛剤にも様々なタイプのものがあるので、どういったものがあるかをしっかりとチェックして購入するようにして下さい。

最後に

AGAは10代や20代前半の若い時期から進行し始める方も多いです。
若いからと言って放置するのは危険で、少しでも気になり始めたらすぐに治療を開始することをおすすめします。

また、薄毛は必ずしも遺伝が原因とは限らず、食生活や生活習慣とも関わってきます。
その為、10代の頃から健康的な食生活と規則正しい生活習慣を心がけることも大切です。

さらに、使用するシャンプーに気を配ったり、育毛サプリメントや育毛剤でのケアもおすすめです。

ただ、まずはクリニックに行ってお医者さんに相談することをおすすめします。
その上で適切な治療を受けることも大切です。